最新のMacBook Air M1のレビュー記事

こんにちは。

クリンクスデザインです。

副業ブームということから、パソコン購入を検討しようと思ってる方多いですよね?

特に年末にかけてボーナスも入った方は、家電を購入する人は多くなってるでしょう。

ちなみに、私はパソコンは2台持っています。

WindowsとMacBookProの2台待ちです。

使用用途はこんな感じです。

・Windowsは主にOffice(Excel、Word)の集計とゲーム
・Macはサイト作成とAdobeのデザイン全般

基本はMacのパソコンにIO-IDATEのディスプレイ27インチを2画面付けてます。

こんな感じです。

先日、購入したお気に入りの『MX Masterシリーズ』

今日のレビューはMacBook Airを持ち運び用(サブ機)として購入して、使用から2週間ぐらい使ってみた感想を簡単に記事にしてみました。

 

MacBook Air M1を購入した理由

https://clinks-design.com/wp-content/uploads/2021/11/653BA370-7E5C-4F47-825A-794A62F04081-e1637328070833-300x300.png
悩む女性

なんで2台もパソコンあるのに購入したの?マニアですか?

そう!冗談です。アップルの回し者ではないです。

→アップル公式サイト

ディスプレイ2台付けてるパソコンは基本メイン機なんですよね。

職場や外に持ち運びして作業する時ごとに、メイン機をディスプレイから取り外して持っていくのは正直落としたりしたら怖いですし、何より面倒なのでそれ用に購入したんですよね。

YouTubeで散々MacBook AirとMacBook Proのレビューしてる動画を見ながら、色々検討して購入しました。

 

何故、最新のProじゃなくAirにしたのか?

そう!これ、やっぱり最新MacでProがかなりレビューがよかったのですが、店頭に並んでパソコン見たら、自分の今回の目的であるサブ機ならAirで十分だからです。

個人推測ですが、9.8割の方はAirで十分です。それもM1チップのMacならほとんどの事はストレスなく利用出来ます。

 

https://clinks-design.com/wp-content/uploads/2021/05/納品角細眼鏡+紺色-300x300.png
制作会社

1番の決め手は重量ですね。今回最新MacBook Proは重たかったので持ち運びには不向きだったのがポイントでした。

 

M1チップとはアップル独自のチップです。今まではIntelという会社から(2020年モデル以降)搭載していたのですが、こちらが動きが遅いや処理スピードなど不満がありました。
ですが、アップルが長年の月日をかけて出来たのが、このM1、M1 Pro、M1 Maxになります。
アップルが開発してるものになるので、当然MacBook製品との相性は抜群です!

 

良かった点

今回、2週間ぐらいしか使用はしていませんが、軽く良かった点をあげたいと思います。

・処理速度、スピードは以前のフルスペックのPro以上の処理速度
・タッチバーが無くなった
・バッテリー持ちがかなり良い

 

処理速度、スピードの書き出し

これは、動画作成してる方は1番感じられると思うのですが、私は普段からAdobe製品をよく使用するのですが、どうしても立ち上げのスピードやカタツキなどスペックが弱いPCだと不満を、感じてんですね。

これが、フルスペック搭載並みのProと変わらないぐらいの処理速度とスピードだったので本当に作業効率しました。

年間にして時間考えるとこの時間はとても重要なんですよ。

タッチバーがなくなった。

これは個人的な感想ですが、タッチバーは正直ほとんど使いません。。

最初はかっこいいなと思い利用していましたが、使用していてボタン操作の方が楽なので元のMacのキーボードに戻ってよかったです!

バッテリー持ちがかなり良い

一番の良かったポイントはバッテリーの持ちが本当に良かったです。

今までのMacだと8時間〜10時間前後でしたが、今回のM1チップは15時間ぐらいバッテリー持続と外で作業してても、中々バッテリーが減らずにびっくりしました。

 

微妙な点

今回の新Macでは正直そんなに不満な所はそこまでないのですが、一つここをなんとかして!という点が一つあります。

  • USB 3.1 Type-C
  • USB Power Delivery(USB PD)電源入力
  • DisplayPort(映像)出力

これが、ハブ使わないとHDMIやUSB、メモリーカードなどさせるようにして欲しいです。

持ち物はなるべく少なくしたいので、これが改善したらまた買い直すかもしれませんね。

まとめ

今回のMacを購入して、4K動画編集までは全然Airでもサクサク動いてくれるので、書き出しも早いです。

ただ、3Dやもっと複雑な動画を扱う事になればやはり『M1 PRO』『M1 MAX』のPCの方が良いかと思います。

MacBook Air購入はこちら
MacBook Pro購入はこちら

ただ、この編集は本当に限られた方でしか使用しないかなと思いますので是非この記事を参考にして頂ければと思います。

では、また。

 

クリンクス デザイン

クリンクス デザイン

クリンクスデザインにようこそ。 ホームページ制作、運営代行、制作カスタマイズなどお客様の営業をホームページ活用面でサポートし、ビジネスパートナーとして重宝されるよう努めています。

関連記事

TOP